国内には、おおよそ1万サイト以上ものインターネット出会い系サービスが存在します。
ですが、”現実に出会える”出会いサイトは残念ながら100サイトあるかどうかと言われています。
出会い系サイトを謳っておきながら実際に出会うことのないサイトが99%、つまりほどんどの出会い系サイトは”出会えない系サイト”だと言うことになります。
本当に出会える出会い系サイトつまり優良出会い系サイトならば、その提供される出会いの場から実際に出会いが生まれ交際に発展し、さらには結婚までしてしまう幸せカップルも誕生するくらい安全かつ活発なやり取りが生まれます。
それと同時に、その何倍ものユーザーが”実際には出会えない”出会い系サイトつまり悪質な出会い系サイトに登録していまい、騙され淡い期待を持たされながらお金を吸い取られているのです。
たちの悪いことに、その悪質な出会い系サイトはおおよそ1年以内に名前とデザインを変え、新しいサイトとしてさらなる獲物を待ち受けるのです。
また最近ではスマートフォンの爆発的な普及により、出会い系アプリというのも誕生しました。
スマートフォンにその出会い系アプリをインストールすることで、出会い系サービスがもっと身近なものになるわけです。
アプリの開発元が出会い系アプリとして世に出したわけでないですが、実質出会い系アプリとして使用されているアプリもあります。
その代表がLINEです。
多くのスマホユーザーがインストールしているLINEですが、年齢制限も無く誰とでも無料で繋がるが故に本来”セフレ募集”のワードを見ることさえ許されない未成年者までもが巻き込まれ大きな社会問題となっています。