過去、いくつもの出会い系サイトで登録時の年齢確認が無い事から18歳未満の児童が年齢を偽って登録し、セフレの関係や割り切りの関係を大人のユーザーと結んでいました。
大人がお金を支払いその対価として児童と性的関係を持つ売春行為は児童保護法で固く禁止されています。
また児童が年齢を偽っていたとしても、相手の大人は処罰の対象になります。
その他にも規制の緩い時代には、出会い系サイトを利用している児童が犯罪に巻き込まれるケースが多発し、大きな社会問題となりました。
そこで平成20年の出会い系サイト規制法改定により、出会い系サイト登録時に本人が「児童でないことの証明方法」が厳密化され、「自動車運転免許」「健康保険証」「パスポート」などの本人確認ができる書類で年齢確認を行うことになりました。

 

■年齢確認について
以上の事から出会い系サイトを利用するなら、本人確認など基本的な管理運営をしっかり行っている優良出会い系サイトを利用することを強くオススメします。
様々な優良出会い系サイトがありますが、どのサイトでも登録時の年来確認はだいだい同じですし、そこまで手間のかかる作業ではありません。
ユーザーの本人確認は「自動車運転免許」「健康保険証」「パスポート」「住民票」などで行います。
上記の確認書類は出会い系サイトの運営業者に郵送する必要は無く、書類の名称・本人名前・生年月日がきちんと写るように写真または写メを撮り、メールで送信するだけで構いません。
また本人確認は上記の書類のほかにもクレジットカードでも行うことが出来ます。
その場合、クレジットカードの番号を照会する事によって本人確認を行います。

 

優良出会い系サイトではこの様な本人確認を行わなければ、相手にメッセージを送るなど一部のサービスが受けられません。